2017年2月2日のお知らせ

東京大学協創プラットフォーム開発のファンドからのLP出資が決定
- ライフサイエンス・ヘルスケア専業ベンチャーファンドへの第1号出資 -

ライフサイエンス・ヘルスケア分野に特化したベンチャー投資を行う株式会社ファストトラックイニシアティブ(本社:東京都文京区本郷、代表取締役社長 木村廣道、以下「FTI社」)が運営するファストトラックイニシアティブ2号投資事業有限責任組合(以下「FTI2号ファンド」)は、東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長 大泉克彦、以下「UTokyo IPC 社」)が運営する協創プラットフォーム開発1号投資事業有限責任組合(以下「IPC1 号ファンド」)からライフサイエンス・ヘルスケア分野に特化したファンドへの第1号出資となるLP出資を受けました。IPC1 号ファンドからのLP出資上限額は5.6億円で、FTI2号ファンドの規模は71.2億円となりました。

FTIは2004年の設立以来、ライフサイエンス・ヘルスケア分野において、東京大学をはじめとする様々な大学や研究機関の独創性の高いシーズの事業化に取り組んできました。今回のIPC1 号ファンドの出資先の選定に当たっては、当社の先行ファンドにおける卓越した投資育成の実績(投資先8社中、3社がIPO、2社がM&A)、ライフサイエンスや医療・ヘルスケアビジネスに精通した投資メンバー、専門性の高いハンズオン支援の実績が高く評価されました。

2015年4月に組成されたFTI2号ファンドは、引き続きライフサイエンス・ヘルスケア分野に特化しつつも、創薬基盤技術や医療機器、再生医療、デジタルヘルスやヘルスケアサービスなど幅広い事業に対し、シード・アーリーステージのベンチャー投資を行う方針です。

当社は、日本の医療・ヘルスケア産業におけるイノベーションおよびその事業化を支援していくことで、シード・アーリーステージのスタートアップの成長支援と日本のスタートアップエコシステムの発展に貢献してまいります。

【参考リンク】
東京大学協創プラットフォーム開発株式会社からのリリース(2017年2月2日)

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(UTokyo IPC)について
概要 東京大学関連のイノベーション・エコシステムの発展を目指す投資事業会社
設立 2016年1月
株主 国立大学法人東京大学(100%)
所在地 東京都文京区本郷三丁目40-10 三翔ビル本郷6階
代表者 代表取締役社長 大泉克彦
URL https://www.utokyo-ipc.co.jp/

株式会社ファストトラックイニシアティブについて
概要 ライフサイエンスおよびヘルスケアに特化したベンチャーキャピタル・ファンドの運営
設立 2004年3月
所在地 東京都文京区本郷4-1-4ユニゾ本郷四丁目ビル2F
代表者 代表取締役 木村廣道
URL http://www.fti-jp.com/

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社ファストトラックイニシアティブ
東京都文京区本郷4-1-4ユニゾ本郷四丁目ビル2F
TEL:03-5842-3325 / FAX:03-5684-1061
担当:安西
メールでのお問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。