大学発新産業創出拠点プロジェクト(START)

文部科学省の大学発新産業創出拠点プロジェクト(プロジェクト支援型)の実施機関として、弊社が事業プロモーターとして現在、下記の2プロジェクトを支援しております。

  • 国立大学法人鳥取大学
    「カニ殻を用いたキチンナノファイバーの製造技術、およびその展開」
    研究代表者:鳥取大学大学院工学研究科 伊福伸介 准教授
  • 独立行政法人理化学研究所
    「生きた細胞内の分子の動きを見る高速超解像ライブイメージング顕微鏡の事業化」
    研究代表者:理化学研究所光量子工学研究領域 中野明彦チームリーダー

本件については今後弊社のマネジメントのもと、グローバル市場への展開を見据え、必要となる技術者・起業家候補者等の人材を結集しつつ研究開発と事業育成を一体的に推進し、3年を目途に、民間資金を呼び込みながら、ベンチャー企業の設立等を目指します。

本件についてご関心のある方は、以下の問い合わせ先までご連絡をいただけますようお願いいたします。

大学発新産業創出拠点プロジェクト(START)について

文部科学省では、平成24年度からの新しい取組として、ベンチャーキャピタル等の民間の事業化ノウハウを持った人材(以下「事業プロモーター」という。)を活用し、リスクは高いがポテンシャルも高い大学・独立行政法人等の技術シーズに関して、起業前段階から、事業戦略・知的財産戦略を構築し、市場や出口を見据えて事業化を目指す新たな取組を開始しています。大学等発ベンチャーの起業前段階から研究開発・事業育成のための政府資金と民間の事業化ノウハウ等を組み合わせることにより、シード・アーリー段階にも民間資金を積極的に呼び込み、既存企業ではリスクは高いがポテンシャルの高いシーズに関して、事業戦略・知財戦略等を構築し、グローバル市場を見据えた事業化を目指します。

本事業は、「事業プロモーター支援型」と「プロジェクト支援型」の2つの事業タイプによって構成されています。「プロジェクト支援型」 では、大学・独立行政法人等に対して、研究開発及び事業化支援に係る活動を補助します。大学・独立行政法人等は事業プロモーターのプロジェクトマネジメントのもと、グローバル市場を視野に入れた研究開発プロジェクトを推進します。

弊社ファストトラックイニシアティブは平成25年度より事業プロモーターとして採択され、活動を開始しております。

公的研究費の運営・管理は下記の社内体制で実施・運営をしております。

  • 最高管理責任者:木村廣道
  • 統括管理責任者:安西智宏

STARTに関する弊社問い合わせ先
担当:奥山 元